吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ 最近はC125について書いています

オートバイ カブ タイヤ選び

カブのタイヤをどれにしよう

4月ですね。

新元号が令和と発表されたし気温も上がってきていよいよ春本番。バイクに乗るのに気持ち良い気候になってきました(^^)

 

私はカブC125に冬の間チューブタイプのスノータイヤを無理矢理?履かせていましたが凍結の心配もなくなってきたのでそろそろロードタイヤに履き替えようと思います。

 

とは言っても評判の悪い純正タイヤに戻すなんて選択肢はなく(´-`)

次に何を履かせようか考えました。

 

C125のタイヤサイズは

フロント 70/90-17

リヤ        80/90-17

のチューブレスタイヤで、やっぱりカブには全天候型なのがいいな〜と思ってるんだけど案外選べる種類は少ないですね( ゚д゚)

その中で候補に上がったのは2つ。

 

f:id:yoshi83miya:20190402135736j:image

ミシュラン パイロットストリート

ちょっと調べただけでもカブユーザーも多く使用してるようで評価も良い。雨の日なんかも安心して走れるようですね。値段も4千円台で比較的お手頃。

 

f:id:yoshi83miya:20190402135804j:image

ピレリ  エンジェルシティ

こちらはミシュランと対照的にあまり口コミも少ないように思えましたが、カブではないバイクユーザーの評価は良いようです。値段はミシュランより少し高く、タイミングの問題もあると思うけど在庫してるお店が少なかった。

ただ溝のパターンはカッコいい。

 

悩んだ結果溝パターンの格好良さでピレリのエンジェルシティを購入してみました。

C125のデザインに合わそうと思うとミシュランのパターンはちょっと丸っこいかな?と思いました。鉄カブに履いてたM35のイメージがあるのでミシュランは好きなんですけどね!

 

f:id:yoshi83miya:20190403174829j:image

そんな訳で届きました。

この、ダンボールでタイヤがペチャンコにならないようにしてくれてるのが地味ながらヒジョーにありがたい!

組み付けるタイヤが潰れてるか否かでチューブレスタイヤの組み付け最期のリム上げのしやすさに雲泥の差が出ます。

 

タイヤ交換の仕方についてはスノータイヤを履かせた時とほぼ同じなので

詳しくはコチラ↓ 

www.supercub.work

 

 

タイヤが潰れておらずホイールに組み付けた後リムにタイヤがしっかり当たっていたので、これはもしやエアコンプレッサーを使わずフツーの空気入れでもリム上げ出来るのでは⁉︎なんて思って試した結果…!

 

 

 

ダメでした_:(´ཀ`」 ∠):

 

やはりチューブレスタイヤ交換の際にはエアコンプレッサーが必須ですね。

気を取り直してコンプレッサーで空気を入れ「パンッパンッ」とリム上げをしてタイヤ組み付け完了です。

 

取り付け完了

f:id:yoshi83miya:20190403180357j:image

フロントタイヤ

通称逆パターンてヤツですね。耐摩耗性が良いとか。

 

 

f:id:yoshi83miya:20190403180409j:image

リヤタイヤ

うんうん。イメージ通りのバランスです(^^)

 

乗り味はいかに?

それでは走ってみてのフィーリングです。

まず、空気圧は前後ともとりあえず2.0kgに設定しました。

タイヤを組み付けた時にはゴムがカチカチでちょっと不安だったんですが、いざ走り出したら乗り心地が良くてビックリ!特にリヤ。

これまで純正タイヤだと路面のギャップなどでゴツゴツとシートに来ていた感触がかなりソフトになりました。これはありがたい。

 

そしてハンドリングですが、ピレリらしくとても接地感が高く、どのバンク角でも安心感を得られます。リヤタイヤの感触は空気圧が2.0kg入ってると思えない程に柔軟な動きをするので倒し込みからバンク中まで接地感が途切れません。常に安心感のあるハンドリングと言った感じでとても良いです(^^)

 

 

タイヤライフ、雨天時のグリップなどはまだこれからしばらく乗ってみてからになりますが、乗り心地が純正タイヤよりかなり良くハンドリングに安心感も得られるのでとてもオススメです!