吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ 最近はC125について書いています

CT125 ハンターカブは発売するのか?

いやぁ〜ビックリしましたね!

ショーモデルとはいえ噂のオートバイが本当に出て来たんですから。

f:id:yoshi83miya:20191004014142j:image

 

とりあえずカッコいい。

元祖との違いがあまりないけどカッコいい。

使用用途が合わないのでもし発売されても私は買わないですが、とにかくカッコいい。

 

 

値段の事も高くなるのではと色々と噂されていますが、私的にはモンキー125と同じ値段で出せるんじゃないかなと思います。

C125のコンセプトモデルが発表された時程のインパクトはないですしね。

 

スポークホイールだし、メーターはモンキー流用、キーはC125のようなキーレスではなく従来型で、前後ディスクなのはモンキーもグロムも同様な訳ですし。各部品を上手く流用パーツを使用してマフラーもC125のように材質まで拘った仕様でなければ十分いけるでしょう。

エンジンガードは市販時には付かないかな。

 

 

 

さて、今回なんでこんなネタを記事にしたかと言うと、

 

CT125発売にあたってはホンダさんに

「ギヤレシオに拘って造って欲しい」

からです。

 

ハンターカブといえば副変速機があった程ショートギヤ比に拘りがあったオートバイなんです。

それをC125やモンキーと同じギヤレシオのままで2次減速比だけで誤魔化して発売されたらそれこそ見た目だけのオートバイになってしまいます。

悪路もバリバリ走れる絶妙なギヤレシオに拘ってCT125を発売して下さい。

 

 

そうしてくれたらその1、2速辺りのギヤを上手く流用してC125の加速を良く出来るんですもの٩( ᐛ )و

発売が楽しみですね〜!