吾唯カブを知る

スーパーカブのあれこれ 最近はC125について書いています

スーパーカブ USB C125

C125にUSBをスマートに付けたい

先日、スマホの地図アプリを使用しながら走行した際に電池の残量不足が気になったのをキッカケにUSBコネクタを取り付けようと思い立ちました。

 

USB電源は車はもちろん、今はオートバイにも欠かすことの出来ない存在ですよね。

しかしオートバイ用のは防水性がなければならない為その存在が大きくなりがち。

 

ハンドル周りがゴチャゴチャするのは好きじゃないんですよね…。

 

配線を切って繋いだりの手間がなく、防水性も高く、なるべく嵩張らないUSB電源を探したところ現状で1番用途に合うのはコレかなと思い購入してみました。

 

 

 

f:id:yoshi83miya:20191023215042j:image

キタコ  USB電源KIT

 

Amazonで5000円くらいでした。

 

C125専用品がラインナップされており、カプラオンでカンタンに取り付けが出来ます。

 

ただ、写真のように配線が外に出ているしお世辞にもスマートとは言い難いですね…。

 

 

なのでコレをベースに自分で加工してみようと思います。

 

f:id:yoshi83miya:20191023222404j:image

部品としては写真のもので全てです。

思いのほか本体は大きかったです。

 

 

取り付け位置を考える 

レッグシールドを取り外し、取り付け位置を考察。

レッグシールドのメッキ部品のところに上手く付けれないかななんて思っていましたが、予想より大きかったのでアウト。

メインキーの反対側に埋め込んでみることにしました。

 

f:id:yoshi83miya:20191022110648j:image

イメージとしてはこの位置。

 

レッグシールドに精度良く穴を開ければ収納スペースはありそうです。

 

水性ペンで位置出しをして、ドリルとリューターを駆使して穴あけ完了。
f:id:yoshi83miya:20191022110653j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこへ電源KITを組み込みつつレッグシールドを戻して…

f:id:yoshi83miya:20191024144032j:image

 

完成っ!!

 

 


f:id:yoshi83miya:20191024144049j:image

防水用のフタを開けるとこんな感じ。

ちなみにメインキーと同じようにブルーに光ります。

 

まとめ

後付けっぽくなく純正風に出来たかなとボチボチ満足しています。

ただレッグシールドの付け外しはやりにくくなったのがマイナスポイント。

 

でもキャブ車の様に頻繁にレッグシールドの取り外しをする事もないのでまぁいいかなと。

 

以上、自己満足カスタムでした(^ ^)